トップ

コンピューターについて覚えよう

コンピューターの危険

依存

コンピューターウイルスとは

コンピューターのウイルスとは、感染してさまざまな悪影響、たとえばデータを破壊したり個人情報を他に流出させてしまうプログラムのことをいいます。現実のウイルス同様、いつの間にか感染して次第に問題を拡大していく様子をなぞらえた用語です。しかし、コンピューターの場合もワクチンと呼ばれるプログラムを導入することで、ある程度感染を予防することは可能です。また、怪しげなファイルはむやみにダブルクリックしない、添付ファイルのあるメールは安全を確認してから開くなど、ちょっとした心がけも感染を防ぐのに有効です。自分だけは大丈夫と思わず、日ごろから注意を欠かさないようにするべきです。

ウイルスの感染被害とは

コンピューターウィルスは、勝手に入り込んできてパソコンの動作を不安定にします。ウイルスには多くの種類があり、プログラムを変更したり、ディスクに保存したファイルなどを破壊するなど様々な悪さをします。ウイルスから守るための方法としては、セキュリティソフトをコンピューターに入れておきましょう。電子メールの添付ファイルや怪しいホームページなどからの感染被害も多いですから、メールの送り主が不明なものは開かないようにします。またUSBメモリから感染することがありますから、所有者が不明なものは接続をしないようにしましょう。

パソコンの知識情報

新着情報

↑PAGE TOP